そらっちおすすめアプリ

ドゥームズデイ:ラストサバイバー
ドゥームズデイ:ラストサバイバー
開発元:IGG.COM
無料
posted withアプリーチ
三國志 真戦
三國志 真戦
開発元:Qookka Games
無料
posted withアプリーチ
RPG

【ウマ娘 プリティーダービー】を遊んでみた感想&レビュー

どうも、そらっちです!

今回は、あの大手”Cygames”から配信されている

アニメもゲームも大人気、もはや社会現象にもなりつつある

ウマ娘のスマホゲーム「ウマ娘 プリティダービー」

を紹介していこうと思います。

ウマ娘とは?

メディア追加説明画像

まずは、ウマ娘とは何なのか?ということからお話していこうと思います。

ウマ娘は、日本のゲーム会社である

「株式会社Cygames」が開発・運営するスマートフォン向けゲームアプリです。

有名競走馬を“擬人化”した育成シミュレーションゲームで、2020年2月21日に正式リリースされました。

ウマ”とあるように、

本作は競馬(厳密には競走馬)を題材にしたゲームです。

主に1980~2000年頃に活躍した競走馬が登場しており、

実際に起きた歴史に基づいてストーリーが構成されています

「ウマ娘 プリティダービー」を遊んでみて

ジャンルは?

メディア追加説明画像

ウマ娘のジャンルはシミュレーションに分類され、

いわゆるサクセス系のゲームとなります。

具体的には、手持ちのキャラを育成してレベルをあげていき、

レースに勝たせてファンを獲得していくゲームとなっています。

また、手持ちのキャラはチュートリアルで数体手に入れることができますが、

それ以降は、現状ではガチャチケットでのみ入手可能となっています。

ウマ娘の育成が面白い

メディア追加説明画像

内容は、”育成シミュレーション”。

育成モードでステータスやスキルを強化し、

課題をクリアしながらレースで好成績を残して高評価を取るのが目的となっています。

ウマ娘たちはそれぞれ異なるスキルやステータスを持っていて、

物語や育成モード内で与えられる課題も”ウマ”によって変わっていきます。

レースのスピード感・リアリティが凄い

メディア追加説明画像

↑正面からのアングル

 

メディア追加説明画像

↑横からのアングル

これだけみても、非常にクオリティーが高いです。

もはや、本物の競馬さながらです。笑

メディア追加説明画像

↑レース中(横)のアングル

ウマ娘は最高速度60~70kmまで出せる設定なのですが、

本当にその速度が出ているかのような、スピード感の演出になっています。

メディア追加説明画像

↑レース中(正面)のアングル

正面からのアングルでは、顔の表情まで細かく確認することができます。

他のウマ娘にけん制されると嫌がったり、

スタミナ切れを起こした時は苦しい表情になったりと、

職人レベルのこだわりに、Cygames社の本気度がうかがえます。

メディア追加説明画像

レース後には、なんと「ウイニングライブ」を観ることができます。

ここでも歌やダンス、細かい表情や仕草の1つ1つを見ても、

流石”Cygames”と思わざるを得ません。

無課金でも楽しめる

無課金でプレイしても、

育成の最終ステージであるURAファイナルに優勝することができたという

ユーザーもいることから、十分無課金でも遊ぶことができます。

まとめ

本作の特徴はなんといっても、

全てにおいてクオリティーが非常に高い点だと思います。

スマホゲームは数多く遊んできた私ですが、

とうとうスマホゲームもここまできたのか、、笑

と笑ってしまうほどびっくりさせられました。

競馬を知っている人はもちろん、

知らない人でも楽しめる内容となっていますし、

本作をきっかけに興味を持てるほどの高い完成度だと思います。

是非、この機会に

「ウマ娘 プリティダービー」

をプレイしてみてはいかがでしょうか!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ウマ娘 プリティーダービー
ウマ娘 プリティーダービー
開発元:Cygames, Inc.
無料
posted withアプリーチ